韓国国土交通部長官、ベトナムに抗議書簡…「韓国の航空機だけ許可しないのは不当な差別」

出典:中央日報 3/3(火) 9:59配信

金賢美(キム・ヒョンミ)長官・画像:Teller Report

韓国国土交通部が、最近ベトナム政府による突然の韓国発旅客機着陸禁止措置に対して強力に抗議した。

2日、政府関係者によると、国土交通部はこの日、金賢美(キム・ヒョンミ)長官名義でベトナム航空当局に書簡を送り、遺憾を表明した。

金長官はこの書簡で「飛行機がすでに向かっているのに、一度も着陸したことのない空港に行けというのは深刻な安全上の問題を引き起こしかねない」と明らかにした。

また「これは航空告知報を通じて事前に告示するべきだったと考える」とし「ベトナム航空機の着陸は許可しながら韓国の航空機だけ許可しないのは不当な差別」と抗議した。

また金長官は、これまで韓国とベトナムの間に築かれてきた友好的な関係に言及し、「ベトナムと韓国は深い協力関係を構築してきた。ベトナムの航空会社が我が国に就航がうまくいくようにこれまで格別の努力を傾けてきたが今回のようなことが起こり遺憾だ」と付け加えた。

これに先立ち、ベトナムは先月29日、韓国発旅客機のハノイ・ホーチミン空港着陸を予告なく禁止した。このため仁川を出発したハノイ行きアシアナ航空旅客機が離陸後40分で回航する事態が起きた。

当時、ベトナム当局はクアンニン省にあるバンドン国際空港を代替着陸地として提示した。しかしアシアナ航空側は該当空港を一度も利用したことがなく、滑走路情報などがない点を考慮して回航を決めた。

金長官は「ベトナムと韓国間の友情を考慮して、今後航空運航が円満に行われるよう願う」とし「現地に滞在中の韓国人を輸送するためのフェリーフライト(乗客を乗せずに乗務員だけを乗せた飛行機を飛ばすこと)が支障なく行われるよう協力してほしい」と呼びかけながら書簡を締めくくった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中